透明性の確保と財務体質の強化を実現し、健全なマンション管理を目指します。
板橋区マンション管理士会
●ご相談・お問合せはお気軽に――
090-9146-6891 (事務局:林田)
板橋区のマンション事情
平成21年版の板橋区分譲マンション実態調査報告書の冒頭「調査の背景」ではこう述べられています。

『分譲マンションは、都内のストックが140万戸を超え、板橋区においても平成17年の国勢調査では、49,581世帯が分譲マンション(持ち家の共同住宅)に居住し、その数も年々増え続けており、今や区民の一般的な居住形態として定着している。

分譲マンションは今後とも増加していくと考えられ、その円滑な維持管理の実施は、良好な住宅ストックの形成を図る上で重要となっている。
そのため、分譲マンションの維持管理にあたっては、区分所有者間の合意形成や技術的判断等さまざまな課題を解決していく必要がある。
これまで、板橋区では分譲マンションの維持管理の課題に対応すべく、マンション管理に関する情報の提供や耐震診断、改修・建替え等に対するさまざまな支援を行ってきた。

しかし、近年の分譲マンションをとりまく社会情勢の変化及び大規模修繕や建替えへの対応が必要となるマンションの増加や高齢化率の上昇など、今後予想される状況に対応した、より効果的な支援を行っていくためには、分譲マンションの維持管理に関する実態を調査し、その課題を的確に把握することが重要となっている。』


板橋区マンション管理士会は、区の施策や事業と連携し「マンション管理・運営に関する情報提供」や「相談窓口の充実」に協力して行きたいと考えております。
板橋区マンション管理士会について
板橋区マンション管理士会は、板橋の地域管理士会として設立し、区内に在住・在勤するマンション管理士で組織する団体です。

当会に所属するマンション管理士は、平成13年8月に施行された「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(マンション適正化法)」に基づき、管理組合の運営全般に関わるアドバイスを目的として活動する、マンション管理を専門とする国家資格者です。
私たちは≪地縁を大切に≫を合言葉に、マンション管理の専門家として地域のマンション環境を育み、管理組合の様々な問題解決のお手伝いをしたいと考えています。また活動を通して、組合員の皆様との信頼関係を築き、素敵なマンションライフのお役に立てることを願っております。
マンションの管理は、組合員の皆様の財産的価値の保全と住環境の向上を目指すものであると云いますが、私たちは管理組合の皆様の良きパートナーとして、皆様のマンションの質をより高める為に、管理組合の自主性を育み、管理維持の大切さを訴え対応策を提言して管理組合のパワーアップを目指します。

【当会の活動理念】
“地域から求められる管理士である為に”

<今月のコラム>



生活音の問題A


 前回、生活音の問題を解決する第一ステップとして「厚いコンクリート床でも音は伝わる」ということを居住者全員が理解する。第二ステップとして「ある程度の音は許容する気持ちを持つ」と述べました。ただ、「気持ちを持て」と言われても、上階の生活音が消えるわけでもなく、「一方的に我慢しろ」と言われているようで納得できないと思われる方も多いと思います。
 生活音は、文字通り人が生活する上で発生する音で、止めることはできません。相身互い、結局は受け入れるしかありません。ただ、気にならなくなる方法はあります。それは、音を立てている人のことをよく知ることです。
 私たちは、幽霊やお化けの類を恐れます。しかし、幽霊やお化けに会ったことのある人はこの世に一人もいません。どんなものなのか誰も知らないにもかかわらず、私たちは幽霊やお化けを恐れます。なぜでしょう。ヒントは 「誰も知らない」というところにあります。
 私たちは、未知なものを恐れる本能があります。太古の昔、人類の先祖は、さまざまな天敵に囲まれて暮らしていました。力の弱い人類の取った生き残り戦略は、「未知なものには近づかない」ということでした。知らない場所には行かない、知らない物は食べない、知らない動物には近づかないといったことです。長い人類の歴史の中には、未知なものに頓着なく近づいた人もいたと思います。しかし、その多くは命を落としたことでしょう。私たちは、臆病者の子孫なのです。
 知らない人のすることは気になります。そして、それはとても不快なことです。知らない人が立てる音も不快です。それは人間の本能であり仕方のない事なのです。逆に、親しい人の出す音は不快に感じません。我が子の足音に不快感を持つ人はいません。本当にうるさければ、「うるさい」と言えば済む話ですし、「子どもの走る音なんて何十分も続くわけもない」と思えば我慢もできるでしょう。
 これは他人の子どもの立てる音でも同じです。上階の家族をよく知っているならば、「子どもは4歳の男の子。6時に保育園から帰ってくるから、今の時間帯は家にいるな。8時くらいには寝てしまうから静かになるだろう。」と思えば、7時ごろに足音がしても気になりません。むしろ、夕方以降、上階から音がしない方が異常です。かえって心配になってしまいます。男の子と親しければ、なおさら音は気にならず、元気があることをうれしく思います。これは、上階の家庭のひととなりをよく知っているからです。
 親しい人の立てる昔は気になりません。親しくなることが、生活音問題の予防に最も効果的なのです。具体的には、家族構成や生活パターンを知らせるということが第一です。お互いに家族構成 (小さい子どもがいる、大家族、老人世帯など)や生活パターン (深夜に仕事をする、朝早く出勤する、子どもは6時くらいに帰るなど)をあらかじめ知らせておけば、音がする時間帯も分かります。
 次に、自分から声を掛けるということがあります。「子どもの足音とかうるさくないですか。」と自分から聞くということです。「気にかけています」というサインを出すだけで、気持ちはずいぶん和みます。私も、犬を飼われている方からエレベータで「うるさくないですか」と聞かれたことがあります。まさか 「うるさいです」と答えるわけにもいかず、「気になりません」と言いましたが、「飼い主も気になっているんだな」と思うと同情心が湧いてきました。
 旅行などに行ったときにお土産を渡すというのも、親しくなる方法の一つです。「あなたのことを気にかけていますよ」という明確なメッセージになるからです。ただ、物のやり取りを嫌う方も少なくありませんので、一度お断りされたら止めておきましょう。
 そして、万一クレームが来たら速やかに対応するようにしましょう。これが最も大事なことと言ってもいいでしょう。クレームが来たらすぐ謝罪、そして時間と状況を詳しく聞きます。心当たりがあるようなら、状況を説明し改善の意思を伝えます。もし、心当たりがなく、否定できるようなら(その時間帯は不在にしていたなど)、その旨を報告します。ポイントは、とにかく早く対応することです。素早く対応されると誠意を感じます。逆に何日も放置されると、仮に謝罪をされても素直に受け入れたくなくなります。その後、音がすると小さな音であっても不快に感じるようになります。
 管理組合によっては、個人間の問題には関与しないとするところもあります。しかし、これはマンションコミュニティの観点から危険な行為だと思います。トラブルを個人間に任せておくと、まず解決しません。隣人にクレームをつけるというのは、大変ハードルの高い行為です。そのモチベーションは怒りです。怒りの感情を持ったままクレームを入れると、受けた方もいい感情は持ちません。冷静な対応がなされず問題は悪化、マンション全体のコミュニティが崩壊するという事態も考えられます。
 マンションの生活音の問題は、感情に起因します。普段からよいコミュニケーションがとれていれば発生しないと言っても過言ではありません。生活音の問題は、「日頃から声を掛け合う」、これだけで予防できる感情のトラブルなのです。 (西村)

板橋区の分譲マンション支援・施策情報
【板橋区の分譲マンション大規模修繕アドバイザーの派遣対象について―― 】

板橋区では、分譲マンションの大規模修繕をお考えの管理組合に対し、「分譲マンション大規模修繕アドバイザー」として1級建築士やマンション管理士を派遣し、大規模修繕に係る技術的支援や、修繕を行うために必要な「区分所有者の合意形成」に係る助言等を行います。
その派遣対象となるのは?

○板橋区内に所在する分譲マンションの管理組合であること。
○住宅として使用されていること。
○大規模修繕を行う意向があること。
○建築基準法に基づき建築された建築物であること。

となっています。大規模修繕でお悩みの管理組合は是非ご検討ください。

※詳しくは、板橋区役所
都市整備部 住宅政策課
TEL:03-3579-2186 に
お問い合わせ下さい。
ごあいさつ
当会は、団体名称のとおり板橋区を活動地域とする管理士会です。

私たちの役割は、「管理組合のよき提言者であること」と心得、組合員の皆様のよきサポーターとしてその任務を果たすことが使命と考えています。

優良なるマンションの育成を目指して、毎月開催している“マンション管理無料相談会”の他、区の主催するセミナー、交流会等の行事運営について協力団体として参画し、多くの管理組合関係者との触れ合いを深めています。
皆様の地域のお近くのマンション管理士会です。取りあえずお声を掛けてください。(茂木)

――何事によらずお気軽にお尋ねご相談いただきますよう――
会員一覧
【正会員】
伊能 秀樹 (西台1)
小林 洋一 (中台3)
坂本 憲俊 (加賀1)
塩津富久郎 (成増2)
鈴木 常雄 (赤塚新町3)
鈴野  聰 (高島平3)
武井 秀記 (成増3)
西村 博志 (加賀2)
林田 守一 (中台3)
原田  章 (志村2)
藤島 至明 (成増3)
松尾 晶正 (常盤台1)
茂木 初夫 (氷川町)
山田 博史 (成増5)
吉井 辰美 (高島平1)
――――――――――――
【協賛会員〈弁護士〉】
木場 真彦 (常盤台)
若月 隆明 (前野町)
松本  治 (大谷口)
吉岡 譲治 (千代田区)
森居 秀彰 (千代田区)
渡瀬  耕 (文京区)
前田 哲兵 (練馬区)

【協賛会員〈建築士〉】
真柄 守人 (東山町)
中村 征三 (成増)
伊藤 俊久 (成増)
黒沢 清作 (高島平)
堀  英彦 (徳丸)
廣瀬 光夫 (板橋)

【協賛会員
 〈税理士・公認会計士〉】

長谷川哲央 (前野町)