透明性の確保と財務体質の強化を実現し、健全なマンション管理を目指します。
板橋区マンション管理士会
●ご相談・お問合せはお気軽に――
090-2255-6111 (事務局:茂木)
板橋区のマンション事情
板橋区分譲マンション実態調査報告書の冒頭「調査の背景」ではこう述べられています。


『分譲マンションは、都内のストックが140万戸を超え、板橋区においても平成17年の国勢調査では、49,581世帯が分譲マンション(持ち家の共同住宅)に居住し、その数も年々増え続けており、今や区民の一般的な居住形態として定着している。

分譲マンションは今後とも増加していくと考えられ、その円滑な維持管理の実施は、良好な住宅ストックの形成を図る上で重要となっている。
そのため、分譲マンションの維持管理にあたっては、区分所有者間の合意形成や技術的判断等さまざまな課題を解決していく必要がある。
これまで、板橋区では分譲マンションの維持管理の課題に対応すべく、マンション管理に関する情報の提供や耐震診断、改修・建替え等に対するさまざまな支援を行ってきた。

しかし、近年の分譲マンションをとりまく社会情勢の変化及び大規模修繕や建替えへの対応が必要となるマンションの増加や高齢化率の上昇など、今後予想される状況に対応した、より効果的な支援を行っていくためには、分譲マンションの維持管理に関する実態を調査し、その課題を的確に把握することが重要となっている。』


板橋区マンション管理士会は、区の施策や事業と連携し「マンション管理・運営に関する情報提供」や「相談窓口の充実」に協力して行きたいと考えております。
板橋区マンション管理士会について
板橋区マンション管理士会は、板橋の地域管理士会として設立し、区内に在住・在勤するマンション管理士で組織する団体です。

当会に所属するマンション管理士は、平成13年8月に施行された「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(マンション適正化法)」に基づき、管理組合の運営全般に関わるアドバイスを目的として活動する、マンション管理を専門とする国家資格者です。
私たちは≪地縁を大切に≫を合言葉に、マンション管理の専門家として地域のマンション環境を育み、管理組合の様々な問題解決のお手伝いをしたいと考えています。また活動を通して、組合員の皆様との信頼関係を築き、素敵なマンションライフのお役に立てることを願っております。
マンションの管理は、組合員の皆様の財産的価値の保全と住環境の向上を目指すものであると云いますが、私たちは管理組合の皆様の良きパートナーとして、皆様のマンションの質をより高める為に、管理組合の自主性を育み、管理維持の大切さを訴え対応策を提言して管理組合のパワーアップを目指します。

【当会の活動理念】
“地域から求められる管理士である為に”

<今月のコラム>



マンション管理のバロメーターになる空き室の管理


 マンションの建物はご存じのように専有部分と共用部分から成っています。共用部分の管理は区分所有者全員が加入する管理組合によって行われ、区分所有権のある専有部分は各区分所有者の責任において管理を行うことになっています。日常的な管理以外にも共用部分については長期修繕計画に基づき、大規模修繕工事等が実施され、専有部分では区分所有者によるリフォームが行えることになっています。マンションの資産価値は専有部分と共用部分が一体となって居住価値の維持向上を計ってこそ意味を成すものです。モニュメント的な構築物としての建物は別にして、建物はそこに人の息吹が感じられないと無味乾燥なものになります。人が住むことにより、建物内の設備関係も適正に稼働し、最善の状況を保つように管理体制が整っていきます。
 マンションはその多くが鉄筋コンクリートの3階以上の構造となっています。メゾネットタイプは別にして、マンションの上下階は別の専有部分となり生活様式やライフ世代の異なる居住者が住まうことになり、このことから発生するトラブルは避けられないものです。その最たるものが騒音問題ですが、それ以外にも漏水問題が管理組合の悩みの種となっています。共用部分、専有部分の区別なく給排水管等から下の階への漏水は、発見が早く、原因が初動段階で解り、すぐに対処ができれば、補償問題も含めて被害の拡大は防げるものです。取り返しがつかない状況は、居住者の長期不在により、漏水の発見が遅れる場合です。このケースの漏水は直下の空き室はもちろんのこと、長期にわたるとその下の階まで被害が及ぶことになります。長期の空き室で、しかも立入りができない状況は共用部分排水管の定期点検や専用使用を行っているベランダ等の修繕工事への停滞をもたらし、建物への影響は無視できないものとなります。
 人の不在を伴う空き室は、建物への影響以外にも、日常的なコミュニティーや組合活動の低下に繋がります。空き室であっても、その管理がしっかりとされており、区分所有者の所在が把握されておれば問題はないのですが、所在者不明、連絡先不通という状況に至ると、管理組合の意思決定を決める総会での議決権の確保も難しくなり、合意形成が図りにくいマンション管理組合となっていきます。
 空き室発生の要因には、転勤等による長期不在、転居後の売却・賃貸の不成立、所有者の高齢者施設への入居や長期入院がありますが、深刻なのは相続後の放置や相続放棄による所有者不明が発生した場合などです。令和3年の不動産登記法の改正による相続登記の義務化は、相続人の明確化がすすむことになり朗報ではありますが、管理組合による区分所有者の所在確認手続きの可能性が全く無くなったとは言えません。管理組合としては居住者名簿の不断のメンテナンス、特に緊急連絡先の掌握が必須となり、また長期不在時の届出書の提出は制度化しておく必要があります。これら対処療法以外に冒頭で述べたように共用部分の計画的な大規模修繕工事や日常のメンテナンスを怠らず、人が住むに値する魅力あるマンション管理を管理組合が主体となって行っていくことが空き室を防ぐ予防策となるのです。
 一時期、シャッター商店街が問題になりましたが、マンションでの空き室は集合郵便受けに溢れんばかりに無造作に放っておかれるチラシに象徴されます。空き室率10%未満がデッドラインで20%を越えると日常的に管理が困難となり、負のスパイラルに陥ると言われています。管理組合による空き室への対応や管理の良し悪しが、マンション管理のバロメーターとなるのです。(鈴野) 

板橋区の分譲マンション支援・施策情報
【板橋区の分譲マンション大規模修繕アドバイザーの派遣対象について―― 】

板橋区では、分譲マンションの大規模修繕をお考えの管理組合に対し、「分譲マンション大規模修繕アドバイザー」として1級建築士やマンション管理士を派遣し、大規模修繕に係る技術的支援や、修繕を行うために必要な「区分所有者の合意形成」に係る助言等を行います。
その派遣対象となるのは?

○板橋区内に所在する分譲マンションの管理組合であること。
○住宅として使用されていること。
○大規模修繕を行う意向があること。
○建築基準法に基づき建築された建築物であること。

となっています。大規模修繕でお悩みの管理組合は是非ご検討ください。

※詳しくは、板橋区役所
都市整備部 住宅政策課
TEL:03-3579-2186 に
お問い合わせ下さい。
ごあいさつ
当会は、団体名称のとおり板橋区を活動地域とする管理士会です。

私たちの役割は、「管理組合のよき提言者であること」と心得、組合員の皆様のよきサポーターとしてその任務を果たすことが使命と考えています。

優良なるマンションの育成を目指して、毎月開催している“マンション管理無料相談会”の他、区の主催するセミナー、交流会等の行事運営について協力団体として参画し、多くの管理組合関係者との触れ合いを深めています。
皆様の地域のお近くのマンション管理士会です。取りあえずお声を掛けてください。(茂木)

――何事によらずお気軽にお尋ねご相談いただきますよう――
会員一覧
【正会員】
伊能 秀樹 (西台1)
小林 洋一 (中台3)
坂本 憲俊 (加賀1)
塩津富久郎 (成増2)
鈴木 常雄 (赤塚新町3)
鈴野  聰 (高島平3)
武井 秀記 (成増3)
西村 博志 (加賀2)
林田 守一 (中台3)
原田  章 (志村2)
松尾 晶正 (常盤台1)
茂木 初夫 (氷川町)
山田 博史 (成増5)
吉井 辰美 (高島平1)
――――――――――――
【協賛会員〈弁護士〉】
木場 真彦 (常盤台)
若月 隆明 (前野町)
松本  治 (大谷口)
吉岡 譲治 (千代田区)
森居 秀彰 (千代田区)
渡瀬  耕 (文京区)
前田 哲兵 (練馬区)

【協賛会員〈建築士〉】
真柄 守人 (東山町)
中村 征三 (成増)
伊藤 俊久 (成増)
黒沢 清作 (高島平)
堀  英彦 (徳丸)
廣瀬 光夫 (板橋)

【協賛会員
 〈税理士・公認会計士〉】

長谷川哲央 (前野町)